ふらっと散歩で松葉川

こんにちはSOUです。
先週の土曜日、ふらっと散歩に出ました。窪川のあぐりに到着しますと、土佐清水の知ってる人が来ていました。ワタクシたち米国製バイク乗りは、出かけると、だいだいどこかで知ってる誰かと出会うんです。それで、この辺りでおいしいざるそばが食べたいんだ、と言いますと、それなら松葉川温泉にあるよ、と教えてくれました。ほんとは、あぐりの辺りで引き返そうと思っていたのですが、せっかく教えて頂きましたので、行くっきゃない、というわけで‥。
IMG_4588 -s-
さて、松葉川です。温泉の建物の隣にありました。なんと、お店の中、座敷のすぐ横でそばを打っているのですよ。それで、打ちたてを出してくださいました。

IMG_4589 -s-
真夏だというのに、お店の窓が全開ですが心地良い風が入ってくるのです。それもそのはず、窓の向こうはご覧の通り、木々の向こうは川ですよ。

IMG_4592 -s-
あ、バイクは写さんでいいですけど。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

さて、来る途中で沈下橋をちらっと目撃しましたので、帰りがけに寄ってみました。一斗俵沈下橋です。現存する沈下橋では最も古い、昭和10年(1935年)架設なんだそうです。
IMG_4626 -s-
あ、橋が見えないじゃないか。

IMG_4609 -s-
だから、バイクは写さんでえいって。ま、このような沈下橋なんですね。

IMG_4636 -s-

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

ところで、松葉川へ行く道は、なにも窪川のトンネルの近くからの道ばかりではありません。影野からの道、仁井田からの道、あぐりの裏を抜ける道など、いろいろあります。せっかくなので、全部行ってやりました。
影野からの道は、まあ、普通にオッケー。
仁井田からの道は、峠の辺りはこれがまあ県道かよ?と思うような狭い道で、姿勢の楽なバイクだからこそ通りましたが、車では通りたくないような道でした。ただ、道のりは約3kmと近かったです。
あぐりの裏を抜ける道は、広くはないものの、意外と近い、という感じでした。
同じ道を引き返すのは面白くなかったので、最後は大野見を抜けて帰って来ました。
昼過ぎには帰ってきて仕事をするつもりでしたが、でしたが、でしたが‥。帰ってきたのは夕方前になってしまいました。246kmの散歩でした。

お付き合いくださりありがとうございました。

タンクをゲットー

こんにちはSOUです。
ワタクシの乗っているバイク、もう13歳になるのですが、転倒などでタンクを交換となると20万円くらいするらしいのです。じつは、以前、タンクを凹ませてしまい、交換したことがあります。そのときは偶然に近所の知り合いから格安で譲っていただき、事無きを得ました。中古でも滅多に出てこないのですが、出てきましたよ。しかも、美品で安い!

はい、真っ赤なタンクです。ワタクシのバイクの色とは全く違います。でも、速攻で手に入れました。
IMG_4246 (1)s-
これに真っ赤なタンクって、どうなのでしょう?
IMG_4235s-.jpg
このバイク、元々はシルバー色だったのですが、タンクは交換して青色になりました。ただ、タンクの側面がシルバー色ですので、違和感がないのです。オリジナルの状態を知らない人は何も言いません。

さて、ここに、ここだけ、真っ赤なタンクって、どうなのでしょう?青色って、どうも好青年すぎるんだよねー。

お付き合いくださりありがとうございました。

セカイモンで買えなかったギターが来たやん

こんにちはSOUです。
グレッチ好きなら泣いて喜ぶホワイトケース。それに近いウェスタンケースというクリーム色の高級ケース付きのギターが、アメリカでは販売されていると知って、よっし、買ってやろうじゃんか、とセカイモンに登録したものの、説明文に「マホガニー」や「ローズウッド」などの単語があるだけで輸入が断られた、という話を以前書きました。こちら
仕方が無いので、ケースだけを見つけて、こちらはセカイモンを通じて輸入できた、という話も以前書きました。こちら

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

でもね、何か面白くないのですよ。ほんとに輸入できないギターだったのかと。ネット上をうろうろしていますと、eBay購入代行をしてくださる直輸入楽器の販売店に出会いました。そこで、問い合わせてみましたよ、「セカイモンでは輸入を断られたけど、輸入できないか?」と。そしたら、輸入オッケーという内容のご返事が来ました。全く同じ楽器店の同じ個体のギターですよ。そんで‥。
DSC_4388 -s-400
待つこと3~4週間。来ましたよ、ちゃんと輸入できるや~ん。ありがとね、ありがと、ありがとう。
あらっ?この前に見たギターと同じやん?という話は置いといて。よく見ると細かい部分がいろいろと違うんです。グレッチ好きには、いろいろとあるのよ、コダワリが。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

お世話になった直輸入楽器屋さんを紹介しときます。私が買ったギターの場合は、セカイモンの総額見積り計算機での推定合計金額よりも少し安かったです。
スタロウ.コム(Starrow.com)、こちら

お付き合いくださりありがとうございました。

ライヴの演奏中に弦が切れまして

こんにちはSOUです。
先日は、BeeStationでのライヴ、BeeStic☆NIGHTに誘われまして、SOU-JINとして演奏してきました。会場に足を運んでくださったみなさま、ほんとに、ほんとに、ありがとうございました。また、出演バンドのみなさま、会場のスタッフのみなさま、お世話になりました。
IMG_4535s-.jpg

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

さて、そのライヴですが、演奏中にギターの弦が切れてしまいました。こんなこと、今までのライヴで記憶がありません。2日前に張り替えた「ばかり」(←全然「ばかり」じゃないやん、て人もいらっしゃるでしょうが、SOUは1年くらい張り替えなくても全然へーきなので)、しかも、5弦だなんて。
20120708205821 (1)s-
↑弦が切れました、ワハハの図
20120708205821 (2)s-
↑とりあえず弦を外そうとするの図
予備の弦はあったのですが、交換するのに時間がかかりますから、切れたままで残り1曲を演奏して乗り越えようと思ったのでした。
20120708205821 (3)s-
↑あらあら、6弦開放で演奏中の図
簡単なローポジションの3コードと高音弦のソロだけなので、大丈夫だろうと思っていたのですが‥。なにがなにが、弦が1本ないというだけで、結構な頭の体操になるのでしたわん。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

さて、ライヴも終わったし、このギターは、しばらく人前で弾くことはないだろう、弦の張り替えはどうしよう?ということになりました。ま、一応張っときましたけど、けど。
IMG_4566s-.jpg
↑5弦の色が違うやんの図
6本の弦を全部張り替えるのはもったいないので、切れた5弦だけ新たに張りました。余りの予備の弦から探しましたが、色が違いますね。だって、エレキ用、おまけに6弦です(太さは合っています)。しかも、しかも、ここだけの話、10年以上前の余りの弦かもしれません。
音ですか?全然気になりません、違和感ありません、同じ音色に聞こえますけど、なにか?

お付き合いくださりありがとうございました。

ライブで使う予定のアコギが不調で‥

こんにちはSOUです。
明日の日曜日は、BeeStationでのライブ、BeeStic☆NIGHTに誘われまして、SOU-JINとして出演することになっています。アコースティック・ナイトということで、フォークな人たちが多く出演されるようで、SOUもアコギを持っていくことにしました。
6月3日の日記で、ギブソンのアコギを買ったけどピックアップを取り付けなかったことを書きました。⇒こちら
そんなわけで、ギブソンは持って行くことができません。そこで、グレコの303というDOVEもどきを持って行こうと考えています。
DSC_3396s-.jpg
すでに、練習で2回使ったのですが、先日の木曜の練習中に、いきなり、大きなハムノイズが出始めて、演奏が出来なくなりました。その日は、別のギターで練習を終えたのですが‥。やっぱりアコギで出演したい、とギターを直すことにしましたよ。原因は?
1.バッテリー切れ
2.ピックアップの回路がぶっ壊れた
3.シールド不調
4.アンプがぶっ壊れた
こんなところでしょうか。
1.のバッテリーは、買ったばかりの新品ではないものの、テスターで電圧を測定して確認済み。
3.のシールドは、別のシールドを使用しても変化なし。
4.のアンプも、別のアンプを使用しても変化なし。
何なのでしょう?ただ、シールドのプラグの金属部分に触れると、人体がアースになるのでしょうか、ノイズが減ります。
訳も分からないまま音を出し続けていますと、それまで何でもなかったのに、突然、大きなハムノイズが出始めたのです。そして、しばらく続いた後、これまた突然、ハムノイズが出なくなったのです。
あ、これは、電源に乗ってくるハムノイズですね。ということは、打つ手がありません。ですが、弦アースをして、せめて弦に触れてノイズを減らせるようにしましょうか、と。
DSC_4150s-.jpg
アコギにピックアップを取り付けても、弦アースはしていないギターも多いのではないでしょうか。昨年買った(すぐに手放しましたが)オービルbyギブソン(PU付き)も弦アースはありませんでしたので、自分で弦アースを作りました。そのときは、アルミホイルを利用しました。サウンドホール内のブリッジの裏側部分にアルミホイルを何層か重ねたものを貼り、導線を介してアースします。このアルミホイルに弦のボールエンド辺りが触れて、弦アースとなるわけです。
アルミホイルは材料費がかかりませんので良かったのですが、薄くて柔らかすぎることと、接着剤を自分で用意しなければならないことが不便でした。
そこで、今回はアルミテープというものを買ってきました。アルミホイルより厚いですし、接着剤が付いていますので作業が簡単でした。
同じ作業をするのだからと、2本のアコギに弦アースを施しました。これで、ハムノイズにも対抗できるかもしれません。

あ、長くなってしまいました。アコギに弦アースをしたぞ、という話でした。

お付き合いくださりありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

SOU-JIN

Author:SOU-JIN
SOU-JIN LIVE情報!2013



SOU-JINとは、
JIN「人材節約型ギターデュオです。」
SOU「ギター弾き倒しデュオです。」

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR