スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリたギター

こんにちはSOUです。
話せば少しは長くなる経緯はあるのですが、ギターを買ったのよ。冬の夜に客人が来たら、松の盆栽よろしく、薪にするほどギターは持っているじゃないか、と言われるとその通りなんですが‥。

中古ですので、まずはノブを洗います。他人のアカを落とすのよ。これで、やっと自分のものになったって感じぃ?

この後もだらだら続きますけど、読む?読む?読むろ?
クリックありがとー。

ストラトはローズ指板仕様が好きなんですが、あまり縁がなかったようで、メイプル指板仕様ばかりが増えてしまいました。ローズ指板仕様もあるにはあるのですが、ちょいと貴重な年代モノですので普段の練習で使ってフレットを凹ませたくない!そこで、中古でしかも格安のものを探したのです。ジャパンには良い思い出がありませんので、メキシコで探しました。あるやーん、格安の中古!

「特に目立った傷も無い美品です。」たしかに、あまり傷がない美品です。あまり弾かれていないようです。ピックガードやバックプレートの保護ビニールまで貼られたままです!ノブの下にほこりが溜まっているなんてこともありません。
IMG_5080.jpg
でもね‥、この保護ビニールを貼ったままというのがアブナいんですよ。はがそうとしたのですが、完全に貼り付いて劣化して、全くはがれないんです。一部だけはがそうとした跡がありますよ。ははーん、はがれないことが分かって、そのままで売ったんだろ?と思っちゃいましたよ。さあ、どうする、どうする?そのままでは見栄えが悪いです。練習の弾き倒し用だから、見た目はどうでもいいっちゃあ、どうでもいいんですが‥。
やっぱり気に入らないのでピックガードを交換することにしました。フェンダーUSA純正のミントガードのストックが、SOUちゃんちにはちゃんとあるんですねー。
IMG_5113.jpg
早速ピックガードの交換です。ところが、ピックガードの裏側にあるはずのシールディングプレートというアルミ板が、どちらにも付いていない!外したピックガードの方には50年代風の小さなものが付いているんですが、テープになっていて貼り付けられています。本来、60年代風ならピックガードの形をした大きなアルミの板なんですけど、価格を抑えないといけないメキシコ製、目に見えない部分では妥協しないといけないんでしょうね。仕方がないので、アルミテープを貼り付けてシールディングプレートのつもりにしました。IMG_5116.jpg
おっと、やっと全体像が見えましたね。Fender MEX 60's Stratocaster キャンディアップルレッドです。りんご飴色って言えば分かりやすい?さて、これで完成のはずだったんですが‥。

なーんかノイズが大きい。なーんかノイズが大きい。なーんかノイズが大きい‥。

明らかにおかしいという大きなノイズではないのですが、他のストラトと比べて少しだけノイズが大きいんです。元のピックガードにアッセンブリーを載せ直してみましたが同じです。ピックアップの出力が大きいとそんなこともあるのかい?などと考えたりしたんですが、なーんか面白くないです。

そこで、他のストラトのアッセンブリーを載せてみました。ノイズは小さいようです。どうやらギター本体の問題ではないようです。アッセンブリーを元のやつに戻して、今度は配線ですよ。各部のはんだ付けをやり直してみようという訳です。ついでに、60年代風ストラトなのにビニール線でしたので、布線で配線し直しました。あ、ピックアップのリード線だけは元から布線でした。
IMG_5121.jpg
これだけやればいいだろ?とチェックしてみましたら、やっぱり、なーんかノイズが大きい、ままなんですね。

うーん、こうなったら、シールディングプレートを60年代風の大きなやつにするか、と注文しました。これでダメならもう知らん。
ついでに、配線ですが、ポットとスイッチの間の線は、50年代は黒色でいいのですが、60年代は白色なんですよ。後から知ったよ。気に入らないのでやり直します。どうでもいいのに‥。
さらにどうでもいいことですが、スイッチに配線してあるピックアップからのリード線と、ポットからのリード線を、オリジナルと逆側に付けていますので、これもやり直します。作業が終わってピックガードを取り付けたら、もう、一生見ることはないだろ?と言われればその通りなんですけど‥。

注文したシールディングプレートが到着したら作業開始です。ほんとは今日届くと思っていたんですが、面白いものを見つけて一緒に注文したら、そいつのせいで到着が遅れるようです。メインの注文より高いし。だから、楽器店とか覗いちゃあダメなのよ。

さて、一連の作業を床に座ったまま、3~4時間やったでしょうか。そしたら、立ち上がったときに真っ直ぐな姿勢ができないでやんの。まるで、腰の曲がったお婆さんです。しばらく気をつけできませんでした。オソロシイです。

お付き合いくださりありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

SOU-JIN

Author:SOU-JIN
SOU-JIN LIVE情報!2013



SOU-JINとは、
JIN「人材節約型ギターデュオです。」
SOU「ギター弾き倒しデュオです。」

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。